×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

焼きたて!!ジャぱんのレシピサイト 実際に登場したパンなどのレシピを紹介。

  1. 焼きたて!!ジャぱんレシピ
  2. レシピ集
  3. フライぱん

フライぱん

フライぱんは焼きたて!!ジャぱん17巻で登場したパンである。製作は焼きたて!!ジャぱんの作者でもある橋口たかし氏。

このパンの最大の特徴は焼成をオーブンではなくフライパンとコンロで行うことである。そのためオーブンを所有していなくともパン作ることができる。

概要

焼きたて!!ジャぱん17巻の142ページから143ページに掛けてこのパンのレシピが紹介されている。

レシピのタイトルはいきなりじゃけど…焼きたて!!フライぱんじゃ!!となっている。第151話: 時には深い憎しみを…内の冒頭で突然レシピが紹介されているため、142ページで河内が本当にいきなりやなと述べているが本当にいきなりである。

レシピ内で調理は橋口たかし氏が担当しており、パンの味の感想はゲロマズなパンができてしまいました。と評しているが、作るのが難しいパンでは無いので失敗がなければ美味しいパンが出来上がる。

またパン作りに関して橋口たかし氏は以下のようにコメントしている。

パン作りは、やっぱり難しいですね。僕のような変なオヤジには絶対ムリ。でもね、料理の本当の面白さはやっぱり、気のおけない仲間たちと楽しく作ること!

レシピの協力者は143ページに以下のように掲載されていた。

デザイン
ベイブリッジスタジオ・小松美紀子
木村恵之
撮影
岡本明洋

フライぱんのレシピ

フライぱんの全体フライぱんの断面

材料と工程表

材料の一覧
材料分量
強力粉150グラム
ドライイースト小匙1/2
砂糖大匙1
食塩小匙1/2
80グラム
無塩バター10グラム
工程表
工程時間
合計131〜256分
PERT図 (Source)
生地仕込み15〜20分
一次発酵40〜90分
ガス抜き1分
分割10分
最終発酵40〜90分
焼成25〜45分

補足

この材料の分量でフライパン1個分です。

工程・手順

1 生地仕込み

ボウルに強力粉と砂糖とドライイーストを加えて混ぜる。

水と食塩を加え更に混ぜる。

徐々に一つの塊となってまとまってくる。個々から先は混ぜるのではなく、手などを使用し捏ねる。

ある程度まで生地がまとまったら、無縁バターを加え更に捏ねる

バターによって生地が滑るが、引き続き捏ねていけば滑々な生地となっいく。

2 一次発酵

生地が完成したら一次発酵に移る。油を塗ったボウルに生地を入る。発酵中は生地が乾燥しないようにビニール袋や蓋などを被せる。

発酵時間は原本のレシピによれば40分となっているが、生地の温度や室温などにも影響されるため、時間には余り気にせずに二倍くらいになるまで発酵させる。

発酵した生地の中心に人差し指を挿入し跡が残れば一次発酵は終了。

3 分割

発酵した生地を台などに取り出して、手で軽く押し生地のガスを抜く。

4 成形

ナイフや包丁などを使用して生地を六等分にする。

分割した生地を手で丸め、サラダ油を薄く引いたフライパンの外側に等間隔で並べる。

5 最終発酵

一次発酵と同様二倍になるくらいまで発酵させる。

6 焼成

フライパンに蓋をして弱火でじっくりと焼いて行く。20分から35分して焼き生地の底面に焼き色ができたら生地を裏返して更に5分から10分弱火で焼く。

参考文献

ACR WEB

QRコード
QRコード
アクセス数
アクセスカウンター

Copyright © 2008 Yakitate!! Japan Recipe. Some rights reserved.